2016年06月23日

続けることで改善点が見える

リアルもネットも同じです。

ある牛乳屋さんが副業でネットビジネスを始めました。
これは牛乳屋さんに限らずあらゆる事業主がやっていると思います。

その牛乳屋さんは初めて2年が経過するそうです。
2年間で得た収益は数万円程度で副業とまではいかない?

本当にインターネットで稼ぐことはできるのか?
そんな不安を抱えての相談でした。

お話を聞いて思う事・・・

インターネットもリアルも同じだという事です。
あっちへふらふら、こっちへふらふらしていては稼ぐことはできません。

何か一つに絞りやり通すことが必要です。
初めはとりあえずで始めたことも、徐々に改善点が見えてくるものです。



初めからこうすれば上手くいくなんて誰も分からないわけで・・・

SNSならどれが効果的なのか?
どういう投稿が読まれるのか?
自分の取り扱う商品の対象となるお客様とつながりを持つにはどうすればいいのか?
またどの時間に投稿すれば読んでもらえるのか?

1ヶ月2ヶ月と続けるうちに改善点が見えてくるものです。

それをほんの少しやったぐらいで、
上手くいかないから次は何がいいかな?なんて甘くないですか?
  

2016年06月16日

5年後10年後が見えているか?

宅配牛乳のメリットは、
月極めで配達することにより月初の時点で売上が予測できる事かな?

月の頭で1ヶ月の利益が見込める仕事ってなかなかないですよね。

ただ将来的にその数字が維持できるか?となると少し不安があります。

ビジネスする上で最も必要なのは
今よりも5年後10年後のあり方だと思います。

昨年の9月に人気商品をある方がヤフオクで誰よりも最安値で出品することで毎日とんでもない数の商品を売りました。

売上にして月600万円ほどです。
それも今年の4月(先々月)まで売り続けたのです。

その時は嬉しく少し浮かれぎみでした。

そりゃ当然ですよね。
ネットビジネスを始めてすぐに月収300万円を突破したのですから・・・

年収300万円時代に月収300万円だなんて・・・すげぇ~!!

しかしそんなのは長続きしません。
5月に入ったとたんに売れなくなり今では1ヶ月の売上が数万円という状態に・・・



こんなのはどの業界でもあることだと思います。

瞬間的な売上も必要ですが、
よほど大きな金額が動かなければそれで一生食べていくことはできません。

大事なことは5年10年後が見えているかという事です。
  

2016年06月08日

新聞屋さんの配達に不安を感じる?

牛乳屋さんではなく、
新聞屋さんの配達員さんから相談を受けました。

若いころから約10年間、
新聞配達一筋でやってきたという方です。

新聞を取らない人が増えているのとともに
なんとなく人生このままで終わるのが嫌で何か新しいことができないかと考えるようになったそうです。

わかるわかる・・・
仕事への将来性を考えるとともに、
このままこの仕事で人生を終えてもいいのか?
今の年齢ならまだまだ他に挑戦できることがあるのでは?

私も牛乳配達をしながら同じことを考えていました。
勝手に諦めてしまっている自分の不甲斐なさが情けなくなって・・・

ずるずると時間ばかりが経っていく虚しさ・・・

まさに転換期です。

環境が変えてくれるってありますよね。
私の場合、雪印の食中毒事故がきっかけでした。

少々の宅配と量販店への卸を中心にしていたので、
一気に仕事が無くなり、おまけにセンター化の波が押し寄せてきていたので、
このままではとてもじゃないけどやって行けず・・・

おまけに家を無理して建てたばかりで、
30年ローンと他にも投資で失敗した借金・・・(^^;
さらに小さな子供3人もいたし(^▽^;)

すぐにでも何かせざる得ない環境に追い込まれたのです。

今思い返せばこれが幸いでした。
だって、無理やり背中を押された格好でしたので(^-^)v



私は資金の掛からないパソコンでの仕事を選びました。

といっても、
一切触ったことがなく電源の切り方も分からない状態でしたので大変でした。

あれから16年が経ち、
お陰様で子供達も奨学金を使わず行きたい学校に通い、
重くのしかかっていた借金も全て完済することができました。

裕福とはいえませんが、
世間一般並みの生活をさせて頂いている事に感謝しております。

第二の転換期!

子供たちも大学まで行かせられる準備もできたことだし、
もう一度何か新しいことに挑戦したいという気持ちが沸々とわいてきています。

一度波を乗り越えた経験って大きいような?

行動に移さなければ何も始まらないという事を自然に学ばせて頂いたのだと思います。

将来性に不安を抱えているのは
新聞屋さんや牛乳屋さんだけではありません。

みんな同じです。
お互い頑張りましょう!!