2015年09月29日

インターネットビジネスは自由な発想で

とある牛乳屋さんより作務衣をご購入頂きました。

と同時にご質問を頂きました。

数年前よりある雑貨のネットショップを運営しているのですが、
ぜんぜん売れる気配がなくてどうするべきか悩んでいます。
インターネットビジネスのコツってありますか?

ただ眺めているだけでは売れません。

野球のルールをご存知ですか?
選手としてグランドでプレイできるのは何人ですか?

そんなの9人対9人に決まってるやん!
そう答える人がほとんどだと思います。

たしかにそうかもしれません。
しかし、インターネット上ではこの固定概念が邪魔をするのです。



実社会の常識で戦っていては勝てないという事です。

あなたは9人で戦おうと球場に入っても、
相手チームは15人いるかもしれないのです。

外野に選手が6人もいたらどうですか?

あなたのチームが攻撃の時は3アウトチェンジでも、
相手チームの攻撃の時は6アウトチェンジかもしれません。

リアル社会の固定概念を持ったままではインターネットの世界では勝てません。

法整備が整っていない世界なので、
ある意味自由な発想が必要なのです。


今日は以上です。
最後に・・・作務衣のご利用誠にありがとうございました。
  

Posted by tmn at 15:55Comments(0)日記

2015年09月22日

ネットで宅配件数を増やすなんて無理

ありがとうございます。
今日も作務衣のご注文を頂きました。

ということで今日もブログ更新します。

60歳を超えた牛乳屋さんから・・・
「なあ、ネットで宅配のお客さんを増やせないかな?」

そんなご質問を頂きました。
なんでもネットで売れると思い込んでいるのかも?

ズバリ!無理です。

ご自分の配達エリアを考えてみてください。
一販売店の配達できるエリアはせいぜい半径5~10kmではないでしょうか?

その範囲内の住民にどうやってアプローチを掛けるのか?
そもそも宅配牛乳を必要としている人がどれくらいいるのか?

いくらインターネットがすごいといっても、
ニーズのないものをひっくり返す事は不可能です。



私もニーズを調べたことがあります。

自分の住む地域名と宅配牛乳を絡めたキーワードをいくつもピックアップし、
ブログで検索エンジンにヒットするようにアプローチしました。

その結果・・・
「地域名 宅配牛乳」というキーワードで
ヤフーで1位表示されても誰もヒットされませんでした。

つまり日常生活の中で自らが宅配牛乳を求めている人は少ないという事です。

表には出ない潜在的なユーザーを地道に探す(営業)するしかないのです。
  

Posted by tmn at 14:49Comments(0)日記

2015年09月21日

せどりのもっと再現性のある販売方法は?

こんにちは。
今日は関東方面の牛乳屋さんよりご質問を頂きました。
ご質問の前に作務衣をご購入いただきありがとうございます。

「せどりが儲かると聞いたのですが、本当に儲かりますか?」

これは牛乳屋さんでも同じではないでしょうか
同じ商品を扱ってもものすごく売る人とそうでない人と大きく分かれます。

ちなみにせどりとは一般的に中古本を買ってヤフオクやアマゾンなどで転売して利益を得るというものです。

具体的に説明すると、
ブックオフで500円で買った本をアマゾンで3000円で売るという事です。

意外な本が高値で売買されたりするものです。

一見すごく儲かるような気がしますが、
その利益を継続的に再現するには常に手元にその本がなければなりません。

そんなの不可能では?



考え方です。
500円が3000円で売れた程度で満足していては無理かも・・・

500円の本を10000円で売るには?
いやもっともっと高値で売れる方法があるのではないか?

そんな考え方が必要です。
  

Posted by tmn at 14:40Comments(0)日記