2014年05月30日

牛乳屋さんの2代目跡取りの重圧

ウェビナーが流行っているようです。
ウェビナーとはウェブで行うセミナーの略です。

リアルに合わなくてもセミナービジネスができるのですね。

私もやろうかな?
考えてみればLINEの通話機能を使えば、
このブログを通して知り合った方とでも無料でお話が出来てしまうのですから・・・ 県外の仲間を募集しようかな?

さて、そんな事はさて置き・・・
先日ある牛乳屋さんの2代目とお話しする機会があったのですが、
「毎日が惰性で動いていて、この先どうなるか不安で仕方ない。」と愚痴をこぼしていました。

父親が牛乳屋というビジネスの先行きと、時代の流れに対応できなくなり・・・

40も半ば過ぎた息子にバトンタッチ!
下手をすれば50歳になっても、お父さんの下で働いていたり、
牛乳屋しか知らない息子からすれば、この先どうすればいいか?目に見えない重圧に苦しむのも当然です。

これは牛乳屋さんだけの問題ではありません。

廃業という名の隠れ倒産が10年前の倍に増えている現実があります。

惰性で走っている以上、いつかは止まります。

下り坂(余力)が長ければいいのですが、
町の牛乳屋さんの下り坂なんてすぐそこでは?
  

Posted by tmn at 16:03Comments(4)日記

2014年05月20日

牛乳屋さんだけで食べていける?

脱サラと聞くと聞こえがいいですが、現実は甘くはありません。

というのも私の知人が今の会社に不満があるらしく、
退社して「何か事業を起こそうかな?」といろいろ聞かれ・・・ 面倒臭い相談役です。(^-^;

こんな質問もされました。
「あのさ、牛乳屋さんだけで食べていけるの? 具体的に月どれくらいの収入があるの?」と・・・

純粋に宅配牛乳だけで利益を出している牛乳屋さんってどれくらいあるのかな?
今や天然記念物になりつつあるのかもしれません。

私は吹けば飛ぶような小さな牛乳屋さんなので、参考にならないかもしれませんが・・・
全収入の10%にも満たないかもしれません。

月収は多い時で・・・って、そんなの誰が見てるか分からないブログで書けるわけないじゃん!!

ただふつうに会社員している事を思えば、ある方だと思います。

しかし、ここで勘違いしてはいけません。
事業主の場合、その収入は来月も来年もずーっと続くものではありません。

新規事業を起こした事業主(会社)が10年後にどれくらい残っているか?
法人で10%以下、個人事業主はそれ以下というデータもあるほどです。

「何か事業を起こしたい。」と中途半端な事を言っている時点で止めておいた方が無難です。

仮に独立しても眠れない毎日が待っているだけです。
  

Posted by tmn at 16:30Comments(0)日記