2014年04月24日

今から宅配牛乳で開業?

アベノミクスの恩恵を受けるのはごく一部の大企業で、
中小企業で働く社員の多くは現状と変わらないのが現状なのか?

私の知人の友人からこんなご質問を・・・
「会社を辞めて牛乳屋さんを始めようかと思うけど現状はどう?」

私のような弱小販売店の店主に聞くのはどうかと思いつつも、
「ゼロから牛乳販売店を始めて採算ベースに乗せるのは並大抵ではない。」と助言しました。

大きな規模で経営されている経営者の方がもっと厳しく言うかも?

これは牛乳販売店だけでなく、
どの業種にも同じ事が言えると思います。

試しに隣近所に宅配牛乳の営業に行ってみると答えが早いかも?

どんなサービス(商売)でも始めるタイミングというのがあります。

そういう意味では先行者アドバンテージが大きいかもしれません。

せめて近くの販売店が廃業し、
その宅配件数(300件以上)を引き継ぐ形であれば可能性が無いわけでもないのですが・・・


成功している人は稼ぐ仕組みを持っている人です。
牛乳屋さんでいう稼ぐ仕組みとは宅配件数と契約を増やし続ける営業力ではないでしょうか?
  

Posted by tmn at 16:33Comments(0)日記

2014年04月18日

キャンペーンの賞金目当てに

牛乳屋さんは3~6キャンペーン真っ最中では?
昨年まで4~6キャンペーンだったような気もするけど・・・1ヶ月伸びた?

5~6年前の話ですが、
ある販売店から「キャンペーンで手を組まないか?」と話を持ちかけられた事があります。

キャンペーンの多くは前年対比の伸長率で競うので、1年ごとに相手の販売店で商品を仕入れるのです。

AとBの販売店で手を組み、
今年はAさんの番とすると、Bさんの通常仕入れている商品の一部をAさんに発注してもらうのです。

必然的にAさんの物量は増えるわけで、簡単に上位に入賞できるのです。

翌年は逆にAさんの分をBさんで発注するというパターンです。
Bさんは昨年Aさんに頼んだ分、物量が減っているのでさらに伸長率がアップします。

話は分かるけど・・・小っちゃい男やなぁ~っと思い断りました。

キャンペーンの微々たる賞金目当てに そんなズルイ方法を必死で考えてるのかな? (ある意味尊敬するわ!)

私に断られて・・・他の販売店さんとタッグを組んでやってるのかな?


正直私はこの毎年のキャンペーンには興味が無いので・・・ 残念でした。
  

Posted by tmn at 14:50Comments(0)日記

2014年04月08日

どの仕事も基礎体力が必要です。

どのメーカーも同じかな?
この季節になると4~6キャンペーンなる対策を・・・

数ある宅配商品の中でどこに力を入れるべきか?
というのもニーズの無いところで一生懸命売り込みをしても効率が悪く売れません。

これは牛乳屋さんに限った話ではありません。

夏の海水浴場で おでんを売ってもどう?
冬のスキー場の屋外でかき氷を売ってもどう?
携帯電話全盛の時代にドコモやソフトバンクで黒電話を売ってもどう?


先日ある販売店の方が
「ネットビジネスですぐに儲けようと思ったら何をしたらいい?」っと質問されました。

すぐにというのであれば・・・無い事は無いけれど・・・

どんな仕事でもそうですが、
その器が無い人に話しても それは何の価値の無いものになってしまします。

宅配でも同じですよね。

いくらメーカーさんが新商品を持って来ても宅配件数が0件ではどうにもなりません。

どの世界も甘くないです。
まずは基礎体力からですね。
  

Posted by tmn at 14:51Comments(0)日記