2014年02月27日

牛乳屋の組合からの脱皮

どの業種でも組合というものが存在しますが、
仲良しクラブになっていてなかなか建設的な意見も出ずに過去の延長のような・・・

これではダメだ!っと、
地域を問わずやる気のある販売店同士が集まる会が増えつつあると聞きます。

ある意味今までの組合からの脱皮ですね。

メーカーに依存するのではなく、
自らが決め自らが行動する戦略型企業集団でなければなりません。

景気が支えてくれた時代とは違うという事です。

実は私も同様に始めて・・・牛乳屋としてではありませんが・・・

業種にとらわれず変化が求められているようです。  

Posted by tmn at 11:52Comments(2)日記

2014年02月07日

ネットで宅配牛乳の募集をすれば?

ある販売店の方からこんな質問を・・・
「インターネットを使って宅配牛乳の募集をすれば申し込みが来るかな?」

なんでもネットで売れると思ったら大間違いです。

ものすごくこだわった牛乳や乳製品ならアリかもしれませんが・・・

しかし、宅配牛乳となるとどうでしょう?

ヤフーで1ヶ月にどれくらい検索されているかを調べる事ができるのですが、

例えば「宅配牛乳」というキーワードで1ヶ月600回検索されています。
全国で1日当り20回(各都道府県で1日1回にも満たない)の検索数というのは無いに等しいと思います。

ちなみに「宅配弁当」だと1ヶ月93000回も検索されています。(1日3100回ですね。)

もっと細かく解析するとより具体的な答えが出ると思いますが・・・


ただ・・・一つ言えることは・・・
宅配牛乳のターゲットとする年代がインターネットを使いこなせていないというのもあるかもしれません。

健康食品全般に言えるのですが、健康食品の売上に対する広告費の比率は高い事が分かっています。
※トヨタ自動車で売上の2~3%、化粧品は10%、健康食品は20~30%

まだまだ健康食品の販売には紙媒体などお金の掛かる広告が必要です。

ということは宅配牛乳を100円で販売する場合、
20~30円の広告費を掛けなければならない事になります。

そう考えると最低1本120~150円の値段を付けないと割に合わない事になりますね。
※光熱費や車両管理費や人件費なども考慮するとそれでも・・・どう?

個人の販売店が大型店の真似をすると痛い目に合いますよ。。
  

Posted by tmn at 15:59Comments(2)日記

2014年02月05日

牛乳屋さんも勉強しなければ

牛乳屋さんの集まりに数回参加した時、
おかしいなぁ~っと感じた事があります。

それは商品を売る事ばかり考えていて、その商品そのものの勉強をしていないという事です。

ただ骨にイイ!とか、関節にイイ!みたいな浅い知識でどう売ろうか?っと言ってる。
私みたいに他業種から参入した人にとっては頭に「?」が10個くらい浮かぶほど不思議でした。

社会人になると勉強をしなくなって、
新たな情報を取り入れようとしなかったりします。

もしかして牛乳屋さんに必要な事って『勉強』なのかも?

これは市場経済(マーケティング)の勉強も含めて宅配牛乳というニーズを見直すし、
自分なりの答えを出し、今後どうすべきなのかを考えるという事です。

牛乳屋さんを続けるべきなのかどうか?というのも含まれます。

場所が違えばニーズも違うので答えもそれぞれですよね。

そんな事を思いつつ・・・
私も今、ある資格を取得しようと勉強しています。  

Posted by tmn at 14:16Comments(0)日記