2012年04月21日

宅配牛乳のニーズは?

牛乳屋さんがこれからどうなるか?
牛乳屋さんに関わらずあらゆる業種が自然淘汰されていくと思います。


何もしなければ衰退の一途です。
かといって何かしたら何んとかなるという保証もありません。

先読みができるのなら誰もが成功者です。


商売とは?
誰かのニーズに応える事です。


どんなサービスでもそうです。
ニーズが大きければ大きいほどビジネス性も大きくなります。


よく古い世代の店主から
「昔は宅配牛乳の折り込みチラシを入れただけで注文がきた。」と聞きます。

過去の栄光を語ってる時点で上手くいってないとも考えられますが。。


それだけ昔は牛乳配達のニーズが高かったという事です。


今同じ事をしても・・・


昨年上手く行った事が
今年は通じないなんて事も・・・


どこかで何だかの決断が必要です。  

Posted by tmn at 16:11Comments(0)日記

2012年04月11日

牛乳屋さんを繁栄ビジネスに?

こんにちは。
久しぶりのブログ更新です。

昨日はある牛乳屋さんからお話を聞く機会があり・・・


牛乳配達の1件1件の距離が空いてきて、
距離は変わらないのに配達件数が日に日に減っているという事でした。


実は・・・
私も3年前にある決断をしました。


件数×日数×1本当りの利益=儲け
近所のみの密集した配達区域の配達なら どんぶり勘定でもいいでしょう!


しかし距離で配達件数を稼いでいる場合、
しっかり毎月の採算を見なければなりません。


配達に使う車の維持費、配達員の人件費、
備品や冷蔵庫などの光熱費そして自分の給与です。


この牛乳屋さんのビジネス形態も
転換期を迎えているのかもしれません。


数年後をとらえ
衰退ビジネスなのか? 繁栄ビジネスなのか?


どうすれば牛乳屋さんが繁栄ビジネスになるのか?

時代の流れが年々速くなっているので、
なんとかなるだろう? ではヤバイかも?






ちなみに・・・

私は2時から7時迄していた宅配を
朝50分間の配達に・・・それも週3回に!!

配達、集金の時間を気にしない分、
別の仕事が思いきって出来るようになりました。  

Posted by tmn at 14:46Comments(0)日記